こんばんは、週末起業家・GCS認定コーチの森田よしかずです

 

ある分野で一流になるためには、その分野にどのくらの時間を
打ち込めば良いと思いますか?

一般的には、10,000時間と言われています

これは「1万時間の法則」というマルコム・グラドウェル氏が提唱した法則で
偉大な成功を収めた起業家や世界的に有名なスポーツ選手など
何かの分野で天才と呼ばれるようになる人達に共通しているのは
10,000時間これまでに打ち込んできた時間が関係しているというものです

つまり、ある分野で一流になるためには
10,000時間がひとつの目安となるそうです

1時間×365日×28年=10,220時間
2時間×365日×14年=10,220時間
3時間×365日×10年=10,950時間

今日の一考

10,000時間が一流の目安とすると、あなたの今の状態はどのあたりですか?

途方もない数字ですが、10,000時間やりさえすれば一流です!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

【 お知らせ 】
◆無料オリエンテーションのご案内
➡はじめての方こちらからどうぞ!誠意をもって対応いたします!

◆パーソナル・コーチング&お客様の声
こんな成果が出ています!

◆GCSコーチ・プロフィール
「森田よしかず」ってどんな人?

◆その他ご質問やお問合せはこちらからお願いします。