何かをしたい者は手段を見つけ、何もしたくない者は言い訳を見つける。

コーチング

いつもありがとうございます、
森田よしかずです。

今年も3ヶ月が経過しようとしています!

明日は、僕がルーティンにしている
ビジョンの更新日です。

ビジョンの鮮度を保つには
定期的な更新が欠かせません。

最低月1は、ビジョンの更新を
することをおすすめします^^

さっ、本日はこんなテーマです。

何か提案しても
すぐ自分の意見を否定してくる人が
上司だったら、あなたはどうですか?

嫌ですよね。
僕もそう思います(^^;)

僕は仕事柄よく、コンサル現場で
6~8人での意見交換を
よくやります。

そうすると、その中には
1人か2人は必ずいらっしゃいます。

他人の意見に対して
はなっから批判してくる方が。

まわりが新しい意見を出しても
「できない」「難しい」と
最初から否定してしまうんです。

そうするとどうなるか。

その意見はそこで終わりに
なってしまいます。

自分にかける言葉も同じ

これって、
自分自身にかける言葉にも
当てはまることです。

「自分には無理だ」
「難しそう」
「できそうにない」
「自分にはまだ早い」など、

そのような言葉が脳内に浮かんだ時点で
脳は考えることをやめてしまいます。

すると、
ヒラメキや解決策も出てこないですし、
結果、自分で自分の可能性を放棄する
ことに繋がりやすいと僕は考えています。

手段を見つけるためには

何かをしたい者は手段を見つけ、
何もしたくない者は言い訳を見つける。
ーアラビアのことわざー

僕の場合、
「言い訳」を見つけてしまうときは
過去に目を向けているときです。

一方、
「手段」を見つけられるときは
未来に目を向けているときです。

「未来思考」
自分の可能性を最大限に活かす
最初の一歩かもしれませんね。

あなたは、
どちらに目を向ける傾向が
ありますか??

本日も最後までお付き合いいただき
ありがとうございました!

少しでも何かのヒントになれば
嬉しいです。

また更新しますね^^


★無料メルマガも発行しています。
いつでも解除可能ですのでお気軽にご登録ください。

【会社員×起業家】
パラレルキャリアで自己実現!
https://www.reservestock.jp/subscribe/63208

★開催しているイベントはこちらです。
https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/5870

★お問合せなどはこちらからお願いします。
森田よしかず お問い合わせフォーム
コーチング|ライフシフト|パラレルキャリア|夢ビジョン実現支援 コーチ/コンサルタント 森田よしかず