いつもありがとうございます、
森田よしかず です。

 

数週間前に
コーチングスクール仲間と再会しました。

 

今回は特別ゲストも含めて4人で
お食事会でしたが、気づけば同じ店で
4.5hr語り合っていました!

 

あっという間だったなあ^^

 

やっぱ、コーチをやっている人は
成長速度と量が半端ないですね!

 

この1年間で、本2冊も出されたり
会社員にもかかわらず
1ヶ月にクライアント25名と
セッションされたり。

 

素晴らしい活躍に
とても大きな刺激をもらいました。

 

あらためて
いい仲間に囲まれているなと
心底感じました。

 

■ドリーム・キラーはいらない?

 

夢やビジョンを実現するために
“仲間”は不可欠です。

 

もちろん、それは
夢やビジョンを応援してくれる
協力者です。

 

ドリーム・サポーターって
呼ばれる方々です。

 

いつも応援してくれて
熱く夢を語り合い
とても居心地がいいですよね。

 

その反対が
ドリーム・キラーと
いわれます。

 

夢やビジョンを語っても
「そんなの無理だよ~」
「やめた方がいいよ~」と
言ってくださる方々です。

 

会社や組織では割りと
ドリーム・キラーが
多いかもしれませんね。

 

よくドリーム・キラーとは
付き合わない方がいいと
言われます。

 

でも
僕はドリーム・キラーには
2種類いると思うんです。

 

それは、
相手のことを本当に想っている
ドリーム・キラーと

そうでない
ドリーム・キラーです。

 

前者と後者では前提が違います。

 

前者はすべて「相手のため」に
助言・アドバイスをして下さいます。

 

後者は、ただの興味本位です。

 

僕は後者は別として
前者のドリーム・キラーの場合は
ぜひ前向きにお付き合いした方が
いいと思っています。

 

なぜなら、こちらの参照情報が
増えるからです。

 

たとえば、「コーチで起業しよう
と思っているんだよね。」と
相談したとします。

 

相手が、「う~ん、それは難しいよ。
よく考えた方がいい」と言ったとします。

 

そしたら、聞いてあげてください。

「その難しいと思う理由は何ですか?
逆にどうすればうまくいきますかね?」って。

 

相手が真剣に考えてくれているのであれば
何かしらの回答はもらえるはずです。

 

そこでさらに言ってあげてください。

「じゃ、それらをクリアしたら
うまくいくってことですね。
貴重な情報ありがとうございます!」って。

 

あとはその意見を確認・検証するかは
自分次第です。

 

少なくとも自分が予想していなかった
課題や問題が見つかったら、
それはラッキーですよね。

 

それを潰せば、
成功確率はさらに高まります!

 

要は、ドリーム・キラーすら
仲間にしてしまいましょう!
ということです。

 

本当のドリーム・キラーの前提は
あなたのことを本当に心配して
くれているからです。

 

そうでない人からの言葉は
ただの「音」でしかないです。

 

そこに「意味」はないです。

 

だから安心して
スルーしましょう。

本日も最後までお付き合いいただき
ありがとうございました!

少しでも何かのヒントになれば
嬉しいです。

 

また更新しますね^^


★無料メルマガも発行しています。
いつでも解除可能ですのでお気軽にご登録ください。

【会社員×起業家】
パラレルキャリアでライフ・シフト!
https://www.reservestock.jp/subscribe/63208

★開催しているイベントはこちらです。
https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/5870

★お問合せなどはこちらからお願いします。
https://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/6712