いつもありがとうございます、
森田よしかず です。

先日、TOYOTAの経営層の方の
講演会に参加できる機会がありました。

やはり、さすがTOYOTAですね。

30万人以上のTOYOTA人に
会社の暗黙知を共有してもらうために
TOYOTAの重要な概念を
独自に定義化して明文化されていました。

それが、「トヨタウェイ」

これが世界中のTOYOTA人の
共通言語になっているそうです。

有名な話ですが、
KAIZEN(改善)は、
変に英語にするのではなく
このままの音で共通言語化
されているそうです。

■ありたい姿を更新し続けているか

 

 

 

 

 

 

TOYOTAには、

「課題がない」こと自体が
1番の課題である

という意識が根付いているそうです。

この意図は何かというと、

その方いわく、
TOYOTAの課題とは、
「ありたい姿」と「現状」との
GAPを課題と定義しています。

つまり、
「ありたい姿」があれば
必ずそこには課題(GAP)がある
ということです。

逆に、「課題がない」ということは
「ありたい姿」がないということ
になります。

KAIZENには終わりがなく
常に「ありたい姿」をより高みへ
設定し続けることが、

高品質・高性能で
世界から評価されている要因の
ひとつではないかと感じました。

■ゴール直前に気が緩む

僕らは、ゴールの直前になると、
見通しがついたり、気が緩んだり
無意識のうちにブレーキを
かけてしまいがちです。

スポーツ選手など、
勝利直前に気を抜いてしまいがち
なのもまさしくコレですね。

サッカーワールドカップ日本代表の
ベルギー戦でも、もしかしたら
無意識のうちにそんな気の緩みが
あったのかもしれません。

ゴール達成直前こそ、
次のゴールを設定する。

「次のゴール」を設定することで、
気を緩めることなく今のゴールを
通過点として一気に突き進むことが
できます。

ありたい姿、ビジョン、ゴールを
常に更新し続けること。

企業が発展、個人が成長していく上で
欠かせないことだとあらためて感じました。

ビジョン、更新していますか??

では、全国的に暑い日が続きますが
体調管理には注意していきましょうね。

本日も最後までお付き合いいただき
ありがとうございました!

またメールしますね^^


★無料メルマガも発行しています。
いつでも解除可能ですのでお気軽にご登録ください。

【会社員×起業家】
パラレルキャリアでライフ・シフト!
https://www.reservestock.jp/subscribe/63208

★開催しているイベントはこちらです。
https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/5870

★お問合せなどはこちらからお願いします。
https://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/6712