いつもありがとうございます、
森田よしかず です。

昨日は暑かったですね。
そして今日も・・・(笑)

体調管理には
気を付けていきましょうね。

 

さて、突然ですが、

「大きな岩と小さな岩」
というビジネス寓話を
ご存知ですか??

 

ある教授と学生たちの
やりとりです。

——————————————-

「クイズの時間だ」
教授はそう言って、
大きな壺を取り出し教壇の上に置いた。

その壺に1つ1つ
「大きな岩」
を詰めました。

壺がいっぱいになるまで詰めると
「この壺は満杯ですか?」
と学生たちに聞きました。

学生たちは
「はい」
と答えます。

「それは本当でしょうか?」

と言い教壇の下からバケツを取り出しました。

そのバケツには
「砂利」
が入っています。

岩の隙間に砂利を流し込み、
壺をゆすって岩の間に砂利を
埋めていきます。

そしてもう一度聞きます。
「この壺は満杯ですか?」
学生は答えられません。

1人の学生が
「きっと違うのでしょう」
と答えます。

教授は「そうだ」と笑いながら
「砂の入ったバケツ」
を教壇の下から取り出します。

そして岩と砂利の隙間に
「砂」
を流し込みました。

「これで満杯ですか?」
と聞きます。

学生たちは
「違います」
と答えました。

教授は
「水」
の入ったバケツを取り出し、
淵までなみなみと注ぎました。

教授は最後の質問しました。
「僕が何を言いたいかわかりますか?」

ひとりの学生が手を挙げた。

「どんなにスケジュールが厳しくときでも、
最大限の努力をすれば、いつでも予定を
詰め込むことは可能だということです」

「それは違う」と教授は言った。

「重要なポイントはそこではないんだよ。
この例が私たちに示してくれる真実は、
大きな岩を先に入れない限り、それが入る余地は、
その後二度とないということなんだ」

君たちの人生にとって「大きな岩」とはなんだろう、
と教授は話しはじめる。
それは、仕事であったり、志であったり、
愛する人であったり、家族であったり、
自分の夢であったり・・・。

ここで言う「大きな岩」とは、
君たちにとっていちばん大事なものだ。

————————-

 

この寓話が伝えたい
メッセージとは一体何でしょうか^^?

いろいろな捉え方が
あるようですが、僕は

「大切なことを大切にしなさい」

ということだと思います。

 

仕事でもプライベートでも
自分にとって大切な事や人、
想いや価値観、夢やビジョンを
ないがしろにしてしまうことって
どうしてもあります。

でも、
僕らのエネルギー、資源、時間は
有限ですよね。

自分にとって大切でない
ものばかりを優先にしていたら
「大切なもの」が入る隙間は
なくなってしまいます。

よく自分らしく生きたいとか
自分らしい仕事をしたいとか
ありますが、

それって

「自分にとって
大切なこと大切にする」

ということと共通している
のではないでしょうか^^

 

大きな岩から先にいれる

 

当たり前のようですけど
なかなか出来ていないものですね。

 

今日は1日、大きな岩を先にいれるように
意識して過ごしていきたいと思います。

 

ご一緒にどうですか??

 

本日も最後までお付き合いいただき
ありがとうございました!

少しでも何かのヒントになれば
嬉しいです。

また更新しますね^^


★無料メルマガも発行しています。
いつでも解除可能ですのでお気軽にご登録ください。

【会社員×起業家】
パラレルキャリアでライフ・シフト!
https://www.reservestock.jp/subscribe/63208

★開催しているイベントはこちらです。
https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/5870

★お問合せなどはこちらからお願いします。
https://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/6712