おはようございます、

森田よしかず です。

先週は、週初めは広島県

週末は新潟県と出張WEEKでした。

移動は疲れますが

移動時間にいろいろと考える時間ができて

僕は好きなんですよね。

 

さっ、本日はこんなテーマです。

「何か提案しても

すぐ自分の意見を否定してくる人が

上司だったら、あなたはどうですか?」

または

「何を相談しても

こちらの話を受け入れず

まず否定してくる友人がいたら

あなたはその人のことをどう思いますか?」

 

嫌ですよね。

僕もそう思います(^^;)

 

僕は仕事柄よく、

6~8人での意見交換会を

よくやります。

そうすると、その中には

1人か2人は必ずいらっしゃいます。

他人の意見を否定から入る方が。

まわりの方が新しい意見を出しても

「できない」「難しい」と

最初から否定してしまったら

その意見はそこで終わりになってしまいます。

大切なことは、

「できない」「難しい」と判断する前に

「それを実現するために何ができるか」と

実現するための可能性を探ることです。

「簡単にできる」とすぐわかることであれば

意見交換会など必要ないです。

そもそも意見交換は知恵を出し合うために

行っているわけです。

 

だから意見交換をはじめる前に

お願いする必要があります。

「他人の意見を否定するのは

この会では無しにしましょう」と。

 

これって、

個人にも当てはまることだと思います。

あなた自身に対してはどうですか?

自らで自分の可能性を探ることを辞めていませんか^ ^?

 

僕自身、「難しい」とよく使ってしまうので

注意しているのですが(^^;)

 

「難しそう」「できそうにない」「自分にはまだ早い」など、

そのような言葉を口にした時点で

脳が考えることを辞めてしまいます。

すると、新しいアイデアも出てこないですし、

結果、自分の可能性を探ることを放棄しがちになります。

 

心を開いて

「Yes」って言ってごらん。

すべてを肯定してみると

答えがみつかるもんだよ。

―ジョン・レノン―

まずは「Yes」と言ってスタートする。

自分の可能性を拡げるためのはじめの一歩です。

 

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございます。

また更新します!


▼7日間無料メール講座▼

《トコトンやさしい自分超越プロジェクト》
強み・時間・自信がない会社員でも
次々とビジョンを実現させた7STORY

https://peraichi.com/landing_pages/view/jibunchouetsu