おはようございます、

森田よしかず です。

「自分の強みを活かして起業・副業したい!

でも自分の強みが分からないんです・・・。」

僕のクライアントさんで、よく相談いただくテーマの1つです。

 

強みの基準を自分の内部に置くか、外部に置くか、ということが大事かなっと思います。

具体的にいいますと、

『自分は「話すこと」よりも「書くこと」の方が得意です』は内部に、『自分は「書くこと」については、誰にも負けないです』は外部に基準を置いていることになります。

自分の強みが分からないという人は、後者の外部に基準を置いて考えているケースが往々にしてあります。

外部に基準を置いた場合には、大げさにいえば、この世の中の誰にも負けない強みを見つけることになるので、それを見つけることが難しいのは当たり前のことですね。これまでの経歴や実績が著しくすごい人、もしくはセルフイメージが非常に高い人でないと、なかなか強みと言い切ることが難しいと思います。

 

僕にとっての強みの定義は、その基準を内部に置いた場合の強みです。

特に「自分の強みを活かして、起業・副業したい!」という場合の強みは、そうだと考えています。もちろん外部に基準を置いた強みがあった方がプロモーションしやすいですが、それは後で作っていけばいいんです。最初からそこを追求してしまうと、なかなか前に進んでいきません。

「話すこと」よりも「書くこと」の方がストレスなく力が発揮できる、「大勢」で仕事するよりも「独り」で仕事をした方がパフォーマンスが上がる、「モノ」を売るよりも「ノウハウ」を提供した方がワクワクする など、

日常のどこかの場面で、自分の強みを発揮していないでしょうか?

誰にでも自分の強みは持っていますし、日々どこかでその強みを仕事やプライベートに活かしてきているはずです。あとはそれを気付くための行動をするだけです。僕はそれをコーチングで支援しています(^^)

 

内部or外部のどちらに基準を置いて、自分の強みを見つけようとしていますか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

少しでもヒントになれば幸いです。

また更新します!

【 お知らせ 】
◆無料オリエンテーションのご案内
➡はじめての方こちらからどうぞ!誠意をもって対応いたします!

◆パーソナル・コーチング&お客様の声
こんな成果が出ています!

◆GCSコーチ・プロフィール
「森田よしかず」ってどんな人?

◆その他ご質問やお問合せはこちらからお願いします。