おはようございます、

森田よしかず です。

先進国の中でもとりわけ日本企業が直面している課題の1つ、少子高齢化。

総務省統計局によれば日本の65歳以上の人口は2016年9月時点で総人口比は27%超であることがレポートされました。

そしてこの少子高齢化が進展すると、いずれは労働力人口が減少していくと予想されています。

そうなると、会社や組織の中で、これまでよりもずっと個の力が重要視されると考えられます。

 

個の力に磨きをかけよう!

会社や組織の中だけでも個の力を磨くことはできるかと思います。

しかし、最近の会社はどうでしょうか。

会社自体に余裕がないことやコンプライアンスの徹底など、新たなことにチャレンジする機会が少なくなっている、もしくはそのチャンスは一定の方にしか回ってこないことが多いのではないでしょうか。

 

そこで個の力を磨き上げる方法の1つとして、

僕はパラレルキャリアをおすすめしています。

「会社の肩書きも何もない自分の力だけで、

まわりに価値を提供し対価をいただく」、

この経験は自分のセルフイメージが大きく高められ、

本業にもプラスの影響を与えます。

パラレルキャリアがうまくいっている人は

往々にして、本業も充実していて、人生の充実度も高い人が多いです。

 

来年もそんなパラレルキャリアを実践する仲間を

増やしていきたいと思っています。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

少しでも拾える部分があれば幸いです。

また更新します!


▼7日間無料メール講座▼

《トコトンやさしい自分超越プロジェクト》
強み・時間・自信がない会社員でも
次々とビジョンを実現させた7STORY

https://peraichi.com/landing_pages/view/jibunchouetsu