おはようございます、

森田よしかず です。

42b41b8fcc72a13fa23e12cde862c016_m

僕らの行動はよく、イメージに依存すると言われます。

逆に、イメージできないことは行動できないし

実現しないということです。

 

ではなぜイメージが大事なのでしょうか。

 

行動の源になるもの感情や意味づけです。

ある事柄に、行動したくなるような感情や意味づけをすれば

自然と行動できてしまいます。

そしてその感情や意味づけは、

これまでの自分の体験による記憶の影響が大きいそうです。

記憶は「質」より「量」なので、新しかろうが古かろうが、

味わった回数の多い感情を思い出してしまうものだそうです。

ですので、良いイメージを何度も何度もすることで

ポジティブな記憶の量が増えて、行動を促してくれます。

 

ポジティブな記憶の量を増やす方法として

ブチ成功体験を経験する、日々寝る前にイメージする、

ビジョンボードをつくる、インカンテーションなど

色々な方法があります。

 

何が効果があるかは人それぞれです。

重要なことは、日々繰り返すことです。

自分にあった方法で毎日実践し

ポジティブな記憶の量を増やし、

無理なく自然と行動できる状態を作り出しましょう。

 

ポジティブな記憶の量を増やすために

どんなことを実践しますか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

少しでも拾える部分があれば幸いです。

また更新します!


▼7日間無料メール講座▼

《トコトンやさしい自分超越プロジェクト》
強み・時間・自信がない会社員でも
次々とビジョンを実現させた7STORY

https://peraichi.com/landing_pages/view/jibunchouetsu