人はよく時間がないと文句を言うが、

本当の問題は計画性のなさなのだ。

―ジグ・ジグラー(作家・講演家)―

ab51dc8a403ee8763c013e359bc8311c_m

おはようございます、

森田よしかず です。

 

本業以外に肩書きをもって仕事をしている

パラレルキャリアの方に訪れる課題、

「時間管理」。

 

企業に勤めているサラリーマンの方からは特に、

相談を受けることが多いです。

どうしても本業の業務が中心となってしまい

自分がやりたいもう1つのキャリアに時間が投入できず

なかなか行動に移せない、前に進まないといったことは

往々にしてあることだと思います。

どうしても、本業の方が

緊急度が高くなってしまいがちです。

 

それは仕方がない面もありますよね。

ただし意識したい点として

その業務が第一領域(緊急度・重要度も高い)であるか、

第三領域(緊急度は高いが重要度は低い)であるかの

判断は大切だと思います。

(「4つの領域」【7つの習慣】より)

 

もし仮に第三領域である業務に時間を取られているとしたら

それは一度見直す必要があります。

 

時間は有限、

現在の自分の業務内容が

4つの領域のどの領域に位置するものなのか、

整理してみることが大切ですね。

 

自分のゴール達成のために

どの領域に時間を費やしたいですか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

少しでも拾える部分があれば幸いです。

また更新します!


▼7日間無料メール講座▼

《トコトンやさしい自分超越プロジェクト》
強み・時間・自信がない会社員でも
次々とビジョンを実現させた7STORY

https://peraichi.com/landing_pages/view/jibunchouetsu