私は他に気がかりなことがあるとしても、

それに関連する事柄すべてを忘れ去り、

当面の仕事に没頭することにしている。

その効果は実にすばらしい。

―ヘンリー・ウォード・ビーチャー(米国牧師)―

826ae2acf6729f2e13aaedfd6805ecc6_m

おはようございます、

森田よしかず です。

 

気がかり。

これがあると往々にして

行動のブレーキになりがちです。

 

気がかりの代表として

未完了が挙げられます。

 

たとえば、メールを返していないとか、

買った本をまだ読んでないとか、

やり残した仕事がある、など

些細な事でも、気がかりになるものです。

そうすると、今に集中できなくなり

パフォーマンスが低下してしまいます。

 

気がかりを忘れるほど

没頭できることであればよいのですが

そうでないことの方が案外多いですよね。

 

何か集中して取り組む必要があるのであれば

まずは今ある「気がかり」を

一旦整理しておくことをおすすめします。

 

今に没頭するために

どんな整理・準備をしておきますか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

少しでも拾える部分があれば幸いです。

また更新します!


▼7日間無料メール講座▼

《トコトンやさしい自分超越プロジェクト》
強み・時間・自信がない会社員でも
次々とビジョンを実現させた7STORY

https://peraichi.com/landing_pages/view/jibunchouetsu