勝ち負けには、もちろんこだわるんですが、

大切なのは過程です。

結果だけなら、ジャンケンでいい。

―羽生 善治(将棋棋士)―

1d1940c82953509b50a4e1706e98775d_m

おはようございます、

森田よしかず です。

 

結果と過程のどちらが大事か。

難しい質問ですね。

人それぞれ、色々な考え方があっていいと思います。

 

結果も大事ですが

僕は過程の方を重視したいと思っています。

 

良い結果を出すためには、

そこに至るまでの過程が重要です。

過程を本当に重視すれば、結果は自ずと出ると信じています。

 

世の中はラッキーパンチというものがあります。

たいして努力しなかったけど、良い結果が出てしまうケースです。

もちろん結果が良いので、短期的にみると素晴らしいことですが

その結果だけを重視してしまうと、その過程を疎かにしがちです。

 

 

会社で部下をほめる時など、特に注意が必要ですね。

結果ばかり着目していると、なかなかほめる機会がないと思います。

期待値を超える成果を出すことは、現代ではなかなか難しいからです。

だから、結果だけでなく、そこまでに至るまでの工夫や努力をしたことを

ほめてあげる、認めてあげることが何より大切だと考えます。

 

昨日の「ほめる」の投稿の続きになりますが

結果だけでなく、その人の行動を日常的にほめてあげることで

人のやる気、モチベーションは維持されるのではないでしょうか。

 

今日から部下のどこに注目しますか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

少しでも拾える部分があれば幸いです。

また更新します!

【 お知らせ 】
◆無料オリエンテーションのご案内
➡はじめての方こちらからどうぞ!誠意をもって対応いたします!

◆パーソナル・コーチング&お客様の声
こんな成果が出ています!

◆GCSコーチ・プロフィール
「森田よしかず」ってどんな人?

◆その他ご質問やお問合せはこちらからお願いします。