たとえ不治の病の床にあっても、

天を恨み泣き暮らすか、

周囲に感謝して余生を充実させるか、

それは自分で決めることができる。

―アルフレッド・アドラー―

42b41b8fcc72a13fa23e12cde862c016_m

 

おはようございます、

森田よしかず です。

 

同じ事象が起こったとしても

それをポジティブに考える人、ネガティブに考える人が

いるのは何故でしょうか?

それは、人それぞれによって、

その事象に対する「意味付け」が違うからです。

 

逆に意味付けさえ、上手に出来てしまえば

人生をより楽しく過ごすことができるのではないかと思います。

 

同じ「お金を使う」ということに対しても

それを「ただの浪費」ととるか、「将来のための投資」ととるかで

その事象に対するイメージが変わってきます。

イメージが変わると、気持ちが変わり、行動が変わります。

 

何事も自分にとって、良い意味付けをすることが

人生をより生きやすくする方法の1つです。

 

今起きている事象を、

プラスの言葉で言い表すとしたら

どんな風になりますか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

少しでも拾える部分があれば幸いです。

また更新します!


★無料メルマガも発行しています。
いつでも解除可能ですのでお気軽にご登録ください。

【会社員×起業家】
パラレルキャリアでライフ・シフト!
https://www.reservestock.jp/subscribe/63208

★開催しているイベントはこちらです。
https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/5870

★お問合せなどはこちらからお願いします。
https://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/6712