目標は絶対のものではなく、方向を示すものである。

命令されるものではなく、自ら設定するものである。

―ピーター・ドラッカー―

a5b797ad042ed5ebb9de959aa771aec8_m

おはようございます!

森田よしかず です。

 

目標は何のためにあるのか

 

目標を設定して、自分を追い込んでしまうことがあります。

きっとそれは、自分に遊びやゆとりがなく

ストレスやプレッシャーを感じすぎてしまうからだと思います。

 

多少のストレスやプレッシャーは必要です。

でも目標はそのためだけにあるものではないと思います。

そして目標は自分の行動を縛るものでもありません。

また自分を評価するものでもありません。

絶対的なものとして捉える必要はありませんね!

 

目標は自分の行動をデザインするためのツール

 

だから目標を達成できなからといって

自分を追い込んだり、否定したりする必要はないと思います。

 

達成できなかったら

原因は何かな?

何を変えれば達成できるかな?って

素直に軽く考えればいいんです。

それを次回に活かす!

こんな風に目標って、使えばいいんです。

 

すべて完璧にできる人なんていないです。

完璧を求めすぎないで、適度な遊びやゆとりを持ちながら

目標を上手に使っていこう!

 

目標に対して、どんな感情を抱いてますか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

少しでも拾える部分があれば幸いです。

また更新します!


▼7日間無料メール講座▼

《トコトンやさしい自分超越プロジェクト》
強み・時間・自信がない会社員でも
次々とビジョンを実現させた7STORY

https://peraichi.com/landing_pages/view/jibunchouetsu