並外れたことをしなくても、

並外れた業績を達成することは出来る。

―ウォーレン・バフェット―

faa33a032653d1e21ccce39bbbe7604d_m

ご訪問ありがとうございます。

森田よしかず です。

 

今日はプロについて、

僕が一番バチっときた表現について

ご紹介したいと思います。

 

それは、プロとは

「誰にでもできることを

誰にもできないレベルで出来る人」

というものです。

 

よく例に出されるのはイチロー選手ですね。

例えば、僕はバット持ってスイングすることはできます。

もしかしたらたまたまバットに当たってヒットを打つことが

できるかもしれません。

ただ同じバットをスイングするでも

イチロー選手と同じことを再現しなさいと言われたら、

100%無理です。

 

水泳もそうですね。

僕は平泳ぎができます。

ただ北島康介と同じように泳ぎなさいと言われたら

それも100%無理です。

 

これらように、誰にもできる簡単なことを

再現不可能なレベルで何度も再現する。

それが「本物のプロ」だと、僕は思います。

 

これを思うと

何も業績を残している人は

誰も思いつかない特別なことを

しているわけではないと思います。

 

誰でもできる基本的なことを

日々の鍛錬で磨いて磨いて磨き上げることで

並外れた業績を残している。

 

たしかにその鍛錬の量は並外れたものでは

ないかもしれません。

ただやってきていることは、

僕でもできるレベルのことだと思うのです。

 

特別なことをしようとするのではなく

まず基本的なことから始めることが

大きな結果に繋がるのではないでしょうか。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

少しでも拾える部分があれば幸いです。

また更新します!


▼7日間無料メール講座▼

《トコトンやさしい自分超越プロジェクト》
強み・時間・自信がない会社員でも
次々とビジョンを実現させた7STORY

https://peraichi.com/landing_pages/view/jibunchouetsu