10000時間の法則

-The New Yorkerのスタッフライター/マルコム・グラドウェル氏-

23a98d0398262f6fbdacf6a7974f7f0b_m

ご訪問ありがとうございます。

森田よしかず です。

 

量と質のどちらが大事なのか?

色々な場面で誰しも一度は考えたことがある質問だと思います。

 

その質問の答えの参考になる有名な法則で、10000時間の法則というのがあります。

The New Yorkerのスタッフライターであるマルコム・グラドウェル氏によると、 モーツァルトやビートルズなどのアーティストや、 世界的に有名なスポーツ選手が、その分野で活躍するための練習にかけた時間のひとつの目安が、10000時間だそうです。

つまりその分野で一流と言われる方々は、10000時間という量をこなしているということになります。

その分野だけに毎日に3時間費やすことができる人であれば、10000時間を達成するためにはほぼ10年かかることになりますね。(365日×3時間×10年)

たしかに10年やれば、その分野の専門家を名乗っても説得力がある気がします。

逆をいえば10000時間をこなせば、その分野の一流になれるということ。

積み重ねてきた時間数は、裏切らないということですね。

 

特に駆け出しの頃は、「質に拘るよりもまずは量」に拘ることが大切だと思います。

量をこなす過程で手に入れた成功や失敗が、質を向上させるからです。

であれば、その成功や失敗は多いほうがいいのではないでしょうか。

僕は今その段階ですので、特に「量」に拘っていきたいです。

 

あなたは今、量と質、どちらの段階ですか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

少しでも拾える部分があれば幸いです。

また更新します。

【 お知らせ 】
◆無料オリエンテーションのご案内
➡はじめての方こちらからどうぞ!誠意をもって対応いたします!

◆パーソナル・コーチング&お客様の声
こんな成果が出ています!

◆GCSコーチ・プロフィール
「森田よしかず」ってどんな人?

◆その他ご質問やお問合せはこちらからお願いします。