分かっているけど、どうしても自分の価値観を押し付けてしまうことがあります。

bsOOK82_gurafuwoyubisasu20131223

 

ご訪問ありがとうございます。

森田よしかず です。

 

昨日、髪を切ってきました。

僕は髪を切るのに、わざわざ青山まで行って7千円近く払います。

別にカッコつけているわけではないですが、これが僕にとって大事な拘りなんです。

確か小学生のときに、床屋さんにうまく理想の髪型が伝えられなかったため変な頭になってしまい、それがショックで泣き散らしてたら、親にもう一度床屋さんに連れて行ってもらい、切り直したことがあります。

 

価値観は人によって様々です。

僕のように髪を切るのに7千円払う人もいれば、自宅のバリカンで十分という人もいます。

良い悪いではなく、ただ価値観が違うだけです。

みんな分かっているけど、どうしても自分の価値観を押し付けてしまうことがあります。

 

よく会社でこんなことがありませんか?

やり方まで指示される。

 

例えば、ある営業所で新規10件/月を目指すとした場合に、リーダーが部下に「1日30件、飛込み営業回ってこい!」という指示を出したとします。

これって、どう思いますか?

僕はあまり好きではないです。

なぜなら、1日30件飛込み営業するよりも、紹介営業や伝手を当たる営業スタイルのほうが僕は得意だからです。

だから僕ならば、予算や目標は皆で共有しますが、そこに辿り着く方法は各人次第で考えたいと思うタイプです。

逆に1から10まで全部指示を出してほしいタイプの方もいると思います。

だからこそ、やり方までは指示しない。求められたら応える。

これだけでも、部下の自主性が磨かれ、仕事に取り組む姿勢が変わるんではないかと思います。

 

会社でよくある価値観の押しつけ。

『上司が部下にやり方まで指示し過ぎること』

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

また更新します!


▼7日間無料メール講座▼

《トコトンやさしい自分超越プロジェクト》
強み・時間・自信がない会社員でも
次々とビジョンを実現させた7STORY

https://peraichi.com/landing_pages/view/jibunchouetsu