身近なことから小さく始めてみる。

unnamed(32)

 

ご訪問ありがとうございます。

森田よしかず です。

 

今年も残り2週間とちょっと、いかがお過ごしでしょうか?

最近、僕の家では英語が以前よりだいぶ多く飛び交っております。

それは妻が英語を勉強しているからです。

どうやら「英語を話せるようになること」を来年の目標にかかげたようです。

そのおかげ、僕の英語の知識も少しずつ増えております。

 

かしこまって勉強するとなると、なかなか取っつきにくいものです。

そこで妻が始めたこと。

まずは、普段の僕へのメールを英語でしてきます。

負けじと僕も英語で返したくなるので、お互いの勉強になります。

そして本日、携帯の文字設定も英語にしたようです。

 

なかなか良いことしているなあ~と感心しました。

はじめから行動のハードルを高く設定してしまうと、完璧にできない時には、かえって行動に移せなくなってしまいます。

そしてそれを繰り返すうちに最終的には挫折してしまうことってよくあることです。

特に完璧主義な方はその傾向が強くあります。

 

そんなときはまず、取り組みやすい「ベイビーステップ」からですね。

ベイビーステップで小さく始めてみる。

そしてそれに、ちょっとしたワクワク感があると尚良いですよね。

僕らの場合の妻からの英語メールも、お互い楽しみながらやっています。

 

来年の目標をすでに決められた方もたくさんいらっしゃると思います。

「決めたけど、それを始めるのは来年から!」って方、結構いるんではないでしょうか。

もちろんそれもいいと思います。

でも残り2週間で小さく始めてみる、助走期間をとってみるのもいいかもしれません。

 

いきなり高いハードルを跳ぼうとするのではなく、膝下ぐらいから始めてみる。

膝下だと、少し低すぎますかね・・・。

 

あなたは最初のハードルをどのあたりに設定しますか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

少しでも拾える部分があれば幸いです。

また更新します!

【 お知らせ 】
◆無料オリエンテーションのご案内
➡はじめての方こちらからどうぞ!誠意をもって対応いたします!

◆パーソナル・コーチング&お客様の声
こんな成果が出ています!

◆GCSコーチ・プロフィール
「森田よしかず」ってどんな人?

◆その他ご質問やお問合せはこちらからお願いします。