意味付けを変えてみよう!

bsN811_chirabattakokkicard

 

ご訪問ありがとうございます!

森田よしかず です。

 

あなたは、マラソン好きですか?

私は苦手です・・・。

 

今日はそのマラソンをきっかけに。

 

マラソンって、ちょっと前からとても人気がありますよね。

私の知り合いも、学生時代は走ることが苦手だったにもかかわらず、社会人になってからマラソンにハマり、今は年数回もフルマラソンに出場するくらいになっています。

彼曰く、学生時代の「走ること」は、「つらい」「きつい」「面倒くさい」といったものだったそうです。

そのときは、自分がフルマラソンを完走することなんて、一生ない!と思っていたそうです。

その彼が、今は海外でもフルマラソンに出場するまでになりました。

 

その彼の一体何が変わったのだろう?

 

これは「走ること」に対する彼の意味付けが変わったからです。

人は無意識のうちに自分なりの意味付けを勝手にしているといいます。

今の彼にとっての「走ること」は、「達成感が得られる」「気持ちいい」「女性にモテる」「ストレス解消になる」「痩せることができる」など、学生時代のネガティブな意味付けからポジティブな意味付けに変わっているんです。

 

同じ「走ること」にもかかわらず、意味付けを変えるだけで、行動が変わってくる!

これって、その1つの事例だと思うんです。

 

意味付けが感情を作っている』とよく言われるように、

意味付けをポジティブにするだけで、前向きな感情が生まれてくる!

そしてその感情が自然と行動を促してくれます。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

また更新します!


▼7日間無料メール講座▼

《トコトンやさしい自分超越プロジェクト》
強み・時間・自信がない会社員でも
次々とビジョンを実現させた7STORY

https://peraichi.com/landing_pages/view/jibunchouetsu